FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

西武6050系 苦節(?)8年目の完成 

こんばんは。 ちょいちょいアップしてきました西武6050系が先日やっと完成しました。 実際にはキットを仕掛って8年目の完成です。 止まっている時間が長かったですねぇ・・・ ご存じの通り、この間に実車は白前面の副都心線対応になっていたりと、いろいろ変化がありました。 幸か不幸か、私の方の6050系はほとんど完成していなかったため、副都心仕様にもできる状態に。結局、当初の銀前面から一度塗装を落とし白前面に。 という訳で、また小田急同様の備忘録になります(^^; 使用キットは西武2000系とホワイトメタル製のオリジナル前面と帯デカールをパッケージした、クロスポイントが発売した商品。 当時、地元名古屋にはお店がなく通販で購入した記憶があります。 基本的には説明書通り、ストレートで組みました。 ただし、前面は実車が急行灯や元の列車番号表示部を廃止して埋めているため、パテで埋めました。ホワイトメタルのためちゃんと埋まるのか不安でしたが、ぼちぼちうまくいった感じです。 屋根部は別パーツのランボードがありますので、モールドしてあるランボードを削り別パーツを取り付けました。このランボード、屋根の幅方向の左右位置を間違えると クーラーが入らなくなり位置決めに若干苦労しました。 中間車のパンタ車はこれも説明書通り付属の配管エッチングパーツを使用しました。 複数の配管を同時に曲げなければならず、案外難しいことに。 こういう作業はあまり得意ではありません。 中間車6両目はパンタが撤去された状態なので、エッチングパーツを取り付けた後にパンタ台座を模したものをプラ片でそれらしく作ってみました。 本当は配管も管は撤去され台座だけが残っているのですが、ちょっとそこまで表現する自身はなく・・・ 結局勝手にストーリーを作り「配管は撤去されない時期があった」ということにしています。(写真2枚目) 西武ファンの方、こんないい加減でごめんなさい。 塗装は説明書通りにGM.14(灰色9号)、帯は付属のデカールを使用しました。帯デカールはまっすぐ貼るのが苦手です。。。多少、曲がってしまっているのは自分の技量がまだまだ。 先頭部はGM.37(白3号)を塗装し、マスキング後に黒を塗る荒業です。 結局、これもイマイチな出来に・・・ このデカール、やはり購入してから8年以上経過しているため、後で予備で購入したものと多少色が変わってきてしまいました。やはりデカールは賞味期限がありますね。何かのデカールの説明書に「デカールは生ものです」という文句があったのですが、意味がよくわかりました。 半艶クリアーを吹いて窓、床下、台車を取り付けました。 先頭部は専用のクリアパーツを取り付けています。 先頭部のアンテナはトミックスの私鉄用アンテナ(レッドアロー用と推測します)、動力は相変わらずの鉄コレ動力を使用しました。10両編成という長い編成で走行可能か?のテストも兼ねてみました。完成後、鉄道屋の新線で走らす機会があったので走らせてみると、平面は余裕の走りでした。全体が軽量のため少々の勾配でも可能でしょう。パンタグラフもトミックスのPT4212を使用しました。(写真3枚目) 最後に行き先および新社紋を貼り完成しました。 行き先はちょっと早めですが東急のシールからもらってきた「急行 元町・中華街」、社紋はクロスポイントで見つけたインレタです。 先頭部は無意味にデザインがよいTNカプラーになっています。残念ながらスカートの厚みの関係で連結ができない「ダミー」の状態です。 板キットで10両はほとんどなかったため、なかなかモチベーションを維持するのが大変でした。
スポンサーサイト

Category: 未分類

TB: --  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

2018-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。